チューリングマシンと限定合理性 : 「行動ゲーム理論入門」を読んだ

この本「行動ゲーム理論入門」はたまたま本屋で見かけてパラパラと見ていたら、経済学の本にもかかわらず「チューリングマシン」だとか「強化学習」だとかいう一見経済学とは関連の薄そうな単語があったので、興味深いな、と思って脊髄反射的に購入した。僕はこの分野は全く知らない状態でこの本を読み始めたのだけど、非常に刺激的な本だったので記憶が鮮明なうちに書いておくことにする。

“チューリングマシンと限定合理性 : 「行動ゲーム理論入門」を読んだ”の続きを読む