Ruby のバージョンマネージャー rvm を Ubuntu で使う

Ubuntu 11.04 を導入しました。いままでは windows から Redhat にログインするという形で使っていたのですが、yum はパッケージの依存関係とかに時間を取られてしまって Ubuntu ならそのへん楽になるんじゃないかと。

実際非常に楽でした。いいですね、Ubuntu。

ただ認証プロキシ下での rvm (Ruby version manager) の設定ですこしハマったのでメモを残しておきます。
“Ruby のバージョンマネージャー rvm を Ubuntu で使う”の続きを読む