Ruby で数独 (その2)

先日、数独を解くための Ruby のプログラムを書きましたが、少し書き直してみました。ソルバー部分は 25 行になって短くなったけど、可読性は下がっている気が…

まったく同じ探索木の辿り方で、もっと本質的に短くなるような方法はあるのだろうか?それにしても、この手のパズルものは解くのも面白いけど、プログラムを書くこと自体もパズルっぽくてとても面白いですねー

ほかのサイトの数独ソルバーもいくつか試してみましたが、このソルバーは解をひとつしか見つけれない代わりに、一つ目の解の発見が早い傾向がありました。まあ、探索の枝を選別しているのであたりまえといえばあたりまえなのですが。以下、コード。

“Ruby で数独 (その2)”の続きを読む